看護師が活躍している医療現場はたくさんありますが、特に各地の大学病院や総合病院などの病棟は、高度な専門性が求められることもあり、安定した収入が得られる傾向にあるため、看護師の間で魅力的な職場として捉えられています。そのため、他の医療現場で経験を積んだ後に、給与アップのために大学病院や総合病院などに転職を検討する人も少なくありません。
実際、経営が安定している大型の病院は、基本給が高めのところや夜勤手当や役職手当などが用意されているところが多く、実務経験が豊富な人であれば高収入を得ることが可能です。もし、給与や待遇にしっかりこだわって勤務先を選びたいのなら、医療系の求人が多数掲載されている転職サイトを使ったり、看護師専門の転職エージェントを活用するといいでしょう。
大型の病院がはじめてで多少不安がある場合は、教育体制が充実している場所を選ぶことをおすすめします。新人フォローが徹底している職場であれば、無理なくスキルを身に付けていくことができます。結婚や育児のためにブランクがある人の場合は、復帰サポートがしっかりした場所を探しましょう。面接の際に、実際にブランクから復帰したスタッフがいるかどうかを聞くことで、働きやすい職場かどうかを調べることができます。
看護師は多様な職場があり、職場によって仕事内容も全然異なります。職場ごとの特徴をしっかり把握して、自分にぴったりマッチした場所を見つけ出しましょう。