看護師は、資格がないと行えない専門的な職種です。そういった職種柄、基本給のほかにさまざまな手当てが支給されます。基本給は他の職種と大差はありません。ではなぜ、看護師の給料は他の女性達の給与に比べて高いのでしょうか。そこには、看護師ならではのさまざまな手当が存在します。
看護師の給与は、基本給と時間外勤務に対しての給与の「所定外給与」と、それ以外の「所定内給与」に分けることができます。さまざまな手当は、この「所定内給与」に振り分けられます。この所定内給与には次のようなものがあります。
・通勤手当
看護師が自宅から職場に来るまでの通勤にかかる費用を支援する手当です。
10万円までは非課税となっていていますが、各職場ごとに上限が決められているところが多いです。
マイカー通勤をしている場合は自宅から職場までの距離に応じて支給されることが多いです。
・住宅手当
自宅から通勤している場合に、自宅を購入した資金やアパートや借家などの場合は家賃の支援を行う手当てです。
現金で支給される場合がほとんどですが、中には寮や社宅などを提供している場合があります。
・資格手当て
看護師という資格を取得するまでにはさまざまな費用がかかっています。
また、看護師という資格は責任の大きな専門的な資格であるため、手当を支給することによって看護師の意欲を高める目的があります。
・家族(育児)手当て
育児や親の介護などを行っている看護師に対して、それにかかる費用の一部を支援するための手当てです。
・夜勤手当
夜勤を行う看護師に対して、夜勤の労をねぎらう目的で支給される手当です。
・役職手当
副主任、主任、副師長、師長など、役職に配属されると支給される手当てです。
役職についたストレスなどを値H偽ら宇土ともに、役職についた自覚を促す目的もあります。
・危険手当
放射線科など、看護師自身の身に危険が伴うような職場についている看護師に支給されます。
・地域手当
北海道や東北北部など、極寒の地域で住んでいる看護師には暖房費などの支援などの目的で支給されることがあります。
このようなさまざまな手当てを貰いながら看護師は過酷な労働にも耐えることができるのです。
特に、子育て中の看護師は、家族(育児)手当てを重要視している人が多いようです。